青紫

何もかも滲んで消えてしまう

ヒトリノ夜

眠れない夜が訪れてしまった

 

恋人が居てくれる時なら、もう寝るぞと強制的に電気を消してくれるし、横でスヤスヤ眠る彼がいると、不安がスーッと薄れるのだ。

 

しかし、今日は諸事情で行けなかった。

眠れない夜は長いようで短い。明日は朝が早いのに。仕方ないから、大人しくベッドで横になってはおこうか。